大人ニキビとホルモンの影響

MENU

大人ニキビの原因とホルモンバランスの関係とは?

大人ニキビとホルモンバランスにはどのようなつながりがあるのでしょうか?
大人になって出来るニキビがホルモンのバランスの異常によっておこるという話を聞いたことがあるかもしれません。
一般的には、エストロゲンという卵胞ホルモンが減り、男性ホルモンが増えると、大人ニキビが出来やすくなると言われています。

 

●女性ホルモンのバランスの乱れの原因は、生理周期によるものや更年期障害によるものがあります。

生理によるホルモンバランスの乱れで一番大人ニキビができやすい時期は、生理前1週間の黄体期です。黄体期は、皮脂の分泌を増やしてしまう黄体ホルモンが多く分泌されるからです。
その皮脂が毛穴に詰まってくると生理前ニキビができてしまうのです。

女性の更年期に出来やすい大人ニキビや吹き出物は生理前のニキビと同じようにホルモンが影響しています。

もうひとつ、女性の更年期に出来やすい大人ニキビや吹き出物は生理前のニキビと同じようにホルモンが影響しています。
更年期を迎えると卵胞ホルモンが減少してくるため、必然的に黄体ホルモンの方が多くなってきます。
そのため、皮脂の分泌が増えてきて毛穴を詰まらせることによる大人ニキビができてしまうのです。

 

男性ホルモンが増えると皮脂が増えてニキビが出来やすくなります。
女性だけではなく、男性にも大人ニキビは出来ますが、この場合ストレスが大きな原因となっていることが多いようです。
ストレスを受けると、副腎が刺激されてコンチゾールというストレスホルモンとアンドロゲンという男性ホルモンが分泌されるため皮脂量が増えてしまい、その結果大人ニキビを作ってしまいます。
ただし皮脂を毛穴に詰まらせることなく、毛穴をきれいな状態に維持できれば大人ニキビを予防することができます。

 

ホルモンバランスの乱れによる皮脂が原因の大人ニキビには毛穴を詰まらす角質を落とし毛穴の中まで洗浄できる洗顔料が入った大人ニキビ対策用のスキンケアがおすすめ!

 

え?このクレイ洗顔料ってすごい!と人気のビーグレンの大人ニキビケア

 

 

 

 

大人ニキビ 治らない - TOPへ