痛いニキビ 早く治す方法

MENU

さわると痛い大人ニキビの対処方法と早く治す方法

顔にニキビができてしまうと、ただでさえ隠したくなるくらい嫌なのに、ちょっと触るだけで痛いニキビなんて最悪!

 

そんな厄介なニキビができてしまったら、もう仕方ありません。

  • これ以上悪化させないためにどうしたらいいのか?
  • ニキビを増やさないためにはどうしたらいいのか?
  • 痛いニキビを早く治すためにはどうすればいいのか?

さわると痛いニキビの対策について解説していきます。

 

 

痛いニキビを早く治したいならまずさわらないこと!

さわると痛いニキビは毛穴の中で炎症を起こしている状態ですから、さわることによって毛穴からばい菌がさらに入り込み炎症が悪化してしまいます。

 

痛みを伴うニキビは状態によって対策が変わってきます。

完全に毛穴が閉じてしこりのように膨らんでいるいわゆる「しこりニキビ」の状態

ばい菌が入らないように常に清潔に保ち、ニキビ治療薬の軟膏を塗るなどして炎症が治まるのを待つしかありません。

 

寝る前にニキビ治療薬を塗って、ニキビパッチニキビシールと呼ばれるニキビ用の絆創膏のようなもので保護するのも一つの方法です。保護することで痛みも軽減します。

 

また、ニキビパッチを貼っておけば寝ている間に手で触ってしまったり爪でひっかいてしまうのを防ぐ効果もあります。

 

ニキビパッチは寝る前にニキビに貼る使い方が普通ですが、顔に油分のあるクリームなどを塗るとはがれやすいのでニキビシールを貼る部分は皮脂やクリームなどついてない状態にしてから貼りましょう。

 

炎症をおこしている毛穴の先が黒くなっていたり黄色い膿が見える状態にニキビ

ニキビの先端に膿が見える状態ならば皮膚科で膿を出してもらうか、自分で角栓除去を行い、しっかり消毒をすることで治っていきます。

 

自分で角栓除去を行い、毛穴の中の膿を押し出すことで炎症の元となる膿やアクネ菌を押し出す場合は膿を出した毛穴をしっかり消毒し、ニキビ治療薬を清潔な綿棒などで塗り込みニキビパッチなどでばい菌が入らないようにすることで治りが早まります。

 

市販のコメドプッシャーなどで毛穴の中の膿を押し出すことができます。

 

 

痛いニキビが繰り返しできないようにアフターケアと毎日のニキビケアが大切!

ニキビができてしまうと、メイクもうまくできなくなるし、人に見られたくないので外出も楽しくなくなってしまいます。

 

そんな繰り返すニキビに悩まされないようにするためにニキビ予防を意識して毎日ケアをしていきましょう。

 

ニキビ予防に大切なこと
ニキビをこれ以上増やさない対策

ニキビを増やさない対策、すなわちニキビ予防の方法はなんといっても毛穴ケアにつきます。

 

ニキビができるのは毛穴に詰まった皮脂を養分として繁殖するアクネ菌が出す毒素「ポルフィン」(活性酸素)によって毛穴の中が攻撃されます。
それが原因で炎症が大きくなってニキビができてしまうのです。

 

ニキビを予防するためには、アクネ菌の温床となる皮脂を毎日のケアによってきれいに取り除くことが大切だとわかります。

毛穴の奥に詰まった皮脂や汚れをきれいに洗い流すことができるニキビケア用の洗顔料が非常におすすめです!

 

◎天然クレイの洗顔料がニキビ肌に最適!

通販でしか買えない隠れた人気商品!ビーグレンのニキビケア

 

 

肌の自然治癒力、再生力を上げる対策

ニキビができてしまうのは、毛穴の皮脂汚れが原因と言いましたが、実は肌の自然治癒力や抵抗力が強ければひどいニキビにはなりにくいのです。

 

ストレスや乱れた食生活の結果、体温が下がって皮膚まで血液(栄養)が届かないと、とたんに皮膚の自然治癒力や抵抗力は落ちてしまいます。

 

同時に、ストレスを感じると肌に必要なビタミンやミネラルなどの必須の栄養素が皮膚に到達する前に消費されてしまいます。

 

栄養が届かないことによって皮膚の健康を保つ事が難しくなってしまいますので、ニキビができやすくなってしまうのです。

あなたもこんな経験ありませんか?

  • 睡眠不足や仕事で疲れてストレスが溜まってくるとニキビができやすい
  • 生理によるイライラや体の冷えを感じるとニキビができやすい
  • 連日の飲み会などで食生活が乱れるとニキビができやすい

これらすべては皮膚への栄養や血液がきちんと届かなくなる原因の一つです。
ニキビができやすい皮膚になることを防げればニキビを出来にくくすることができます。

 

ビタミンや栄養が消費されやすい状態が避けられない場合は、青汁やヨーグルト、ビタミン剤や肌荒れ用のサプリメントなどをあらかじめ飲むことで皮膚への栄養不足を和らげることができます。

 

ニキビケアというと洗顔やスキンケアばかりが注目されますが、健康な皮膚を維持してニキビが出来ない肌になる体の内側からのニキビケアも大切ということを覚えておいてください。

 

ビタミン剤や肌荒れ用サプリを選ぶ際は、ビタミンB群、ビタミンCをはじめとするビタミンはもちろん必要ですが、ビオチンという成分が入っているかもチェックしてください。

ビオチンという成分は、ビタミンB群に属する栄養素ですが、別名「美肌ビタミン」とも呼ばれている成分です。

 

髪の毛や爪を作るためにも重要な働きをし、皮膚や粘膜を健康に維持するために大切な成分として注目されています。

肌にハリやうるおいが無くなってきたり、髪の毛につやが無い、爪が割れやすいなどに気が付いたらビオチンが不足している可能性があります。

 

もちろん肌荒れからニキビに発展する原因にもなりますので、このような症状になりやすい方は特にビオチン不足にならないように、サプリメント等で補う習慣をつけてください。

 

◎ニキビ予防のサプリならこれ!おすすめです。

 

今なら、送料の500円のみで手に入ります!

ビオチンはもちろん美肌に必要な成分がしっかり摂れる!TURURI;BB

 

 

大人ニキビの予防と対策へ戻る