ニキビ跡が残ってしまったら

MENU

ニキビ跡が残ってしまったらどうする?

ニキビを潰してしまったり、同じところにニキビが繰り返しできてしまったりするとニキビ跡が残ってしまうことがあります。メイクだけではきれいに隠せないこともあり悩みを抱えている方が少なくありません。

 

ニキビ跡が残ってしまった時のケア、治療にかかる費用などを知っておきましょう。

あなたのニキビ跡はどの種類?
  1. 赤味が残る
  2. 炎症を起こしたニキビが治った後にいつまでも赤味が残ってしまうことがあります。
    何年も赤味が残ってしまうこともあります。

     

  3. シミのようなニキビ跡が残る
  4. ニキビの炎症による色素沈着でシミが残ってしまうタイプ。
    紫外線によるダメージでシミがさらに濃く残ってしまうことがあります。

     

  5. クレーターのように凸凹の陥没したニキビ跡が残る
  6. ニキビをきれいに潰せなかったり、炎症や膿みを持ったニキビが悪化してしまうと肌の組織にダメージを受けて陥没が目立つクレーターと呼ばれる凸凹ニキビ跡が残ることがあります。

まずは食事の見直しと睡眠時間確保でニキビ跡ケア!

まず新しいニキビができないように規則正しい生活を心がけることが大切です。
特に食生活と睡眠は、ニキビとニキビ跡の改善に特に気を配りたいもの。
毛穴ケア成分として知られるビタミンB1とB2を多く含む豚肉や鶏レバー、栄血行を良くし栄養を送り届けるビタミンEを多く含むアーモンド、アボカドがおすすめの食品です。

 

睡眠不足は肌の再生に欠かせない成長ホルモンの分泌に影響します。睡眠時間は毎日6時間以上確保して肌の再生と免疫力アップを目指しましょう。
栄養たっぷりの食事とまとまった睡眠で生活リズムが整うと、肌のターンオーバーが正常に促されニキビ跡が徐々に薄くなっていきます。

 

 

★次のページでは、ニキビ跡をもっと早く消していくために必要なスキンケア成分の解説をします。

 

 

ニキビ跡の治療について


関連ページ

ニキビ跡を消すために必要なスキンケア成分
ニキビの炎症による赤味が残ってしまったニキビ跡やニキビの炎症から色素沈着が残ってしまったシミのようなニキビ跡はクレーター状のニキビ跡に比べると比較的早くセルフケアでも薄くすることができます。それではどのようなスキンケア成分が有効なのでしょうか。
美容皮膚科で行われるニキビ跡の治療
美容皮膚科ではケミカルピーリング、レチノイン酸(レチノール)の塗り薬、各種レーザーによるニキビ跡治療が行われています。それぞれの特徴などを説明いたします。
ニキビ跡の治療で美容皮膚科でかかる費用は?
ニキビ跡の治療は美容目的で行われるため保険適応外の治療になることがほとんどです。 また通院が長くなることも多く、費用がかさんでしまうことがあります。レーザー治療やフォトフェイシャル、ケミカルピーリングの費用などについて。